1. とわの美
  2. スマホ老眼
  3. スマホ画面が見えづらい方へおすすめのサプリ

スマホ画面が見えづらい方へおすすめのサプリ

 2018/07/13 スマホ老眼   309 Views

スマホからはお得な情報が手に入るかもしれませんが、度が過ぎると身体には悪影響だらけです。かといって、現代では学校でも会社でもスマホは使いますから、手放すことは難しいですよね。

であれば、スマホ老眼やブルーライトによる疲労蓄積を予防しましょう。

手軽で簡単な予防方法がすぐに取り入れられますよね。
そこでおススメしたいのが、サプリメントです。

サプリメントは基本「食事」です。
1日数粒を飲むだけで、必要な栄養が摂取できます。

偏った食事や、栄養補給でサプリメントを飲んでいる方も多いですよね。
でも、目に効くサプリメントがあるのでしょうか?

はい、あります。

スマホ老眼の難点である「筋肉の血行不良」「ブルーライト」を予防できる栄養素があるのです。目のことまでサプリを飲んで解決できるのは、お手軽で嬉しいですよね。

スマホ老眼におすすめのサプリメントランキング

1位 めなり

【おすすめポイント】
・普通のブルーベリーの6倍のアントシアニンを含むビルベリーを使用で、吸収力と持続力が高い♪
・ルテインとゼアキサンチンも高い効果を引き出す黄金比率で配合♪
・リピート率93.9%で効果も実証されている人気商品♪

【価格】
・通常価格3,980円(税抜・60粒1ヵ月分)
・いつでも解約可能な定期コース⇒初回907円(税抜)、2回目以降2,980円(税抜)
・続けて使う方にはお得な料金設定♪

【総評】
スマホ老眼には「ブルーベリーのアントシアニン」「緑黄色野菜のルテイン・ゼアキサンチン」が効果があるとお伝えしました。
その両方の成分をたっぷりと含んでいるのが、「めなり」です。

通販限定商品なので、ドラッグストアで購入はできません。
楽天とAmazonでは販売されていますが、時期によって販売値段は変わるようです(2018年7月現在)。

お得に、忘れず購入できて(やめたければ電話一本でやめられます!)、初回だけでも安く購入できるのは公式サイトです。
試したいという方には、907円(税抜)ですから、お得ですね。
1日99円の投資ですから、コーヒーよりも安いですよ(笑)。

また、リピート率が93.9%と、驚きの高さです!。
すぐに効果を実感される場合もあるでしょうし、続けて実感している方もいるということですね。

「めなり」を使ってみないと損かもしれませんよ?!

他にも、身体に良く、健康維持にも役立つ、補酵素やビタミン類も9種類以上入っています。
普段からビタミン不足でサプリ飲んでいる方は、少しだけグレードアップして「めなり」に変えても良い効果が出そうですね。

めなりの公式サイトはこちら

2位 くっきりルテイン

【おすすめポイント】
・高純度ルテインの含有量が20mgと高め♪
・中鎖脂肪酸と組み合わせることで吸収スピードが高まる効果が早い♪
・W機能性表示食品で「くっきり見える」効果が証明されています♪

【価格】
・通常価格1,706円(税込・31粒1ヵ月分)
・都度申し込みも可能だが、定期コースは1,535円(税込)となりさらにお得
・1日55円の投資で気軽に始められる

【総評】
スマホ老眼に効果のある「緑黄色野菜のルテイン・ゼアキサンチン」が、一般のサプリメントに比べて高い含有量が特徴です。
また、「光刺激から守る」「コントラスト感度(くっきりとした見え方)」の2点において臨床実験が行われ、効果を実証しています。このため、W機能性食品でもあり、安心して使用することができます。もちろん効果も期待できそうですね。

目と言えば「ブルーベリー」ですが、ブルーベリー系のサプリメントが合わなかった、という方に試していただきたいのが「くっきりルテイン」です。
サプリメントに含まれる栄養素が個人に合う・合わないもありますから、飲み比べてみるのも良いですよ。
料金もお手頃価格です。
必要になった時の購入ができるのはきがるですし、そもそも料金がお手頃ですが、定期購入だとさらに安く、買い忘れもないのでお得です。公式サイト以外は、楽天とYahooで購入可能ですが、送料や公式サイト以上の値段の場合もあります(2018年7月現在)。
確実な入手は公式サイトからをおススメします♪

ハッキリ見える、健康的な目を手に入れましょう。

くっきりルテインの公式サイトはこちら

3位 ファンケル『えんきん』

【おすすめポイント】
・スマホ老眼に効く「アントシアニン」「ルテイン」に加え、豊富な栄養素を配合♪
・サプリメント開発大手のファンケルだから、合成着色料・香料・保存料は無添加で安心♪
・公式サイトの他、ドラッグストアや大手通販ショップでも買える手軽さ♪

【価格】
・通常価格2160円(税込・60粒30日分)
・公式サイトと店舗では、お得な割引やキャンペーンが行われているのでおススメ
・1日72円でコーヒーよりも安く健康習慣が始められる

【総評】
サプリメントの開発・販売の大手、ファンケルの商品であることが、まずおススメできるポイントですね。合成着色料・香料・保存料は一切使われていないので、安心と安全を求める方は、まずはファンケルから始めてみては?と言えます。

効果を実感されている利用者は93%と高く、ファンケルのサプリメントとしてもトップクラスの販売数です。

手元のピント「調節機能を助ける」機能、そして「目の使用による肩・首への負担を和らげる効果」が実証されている機能性表示食品です。開封後でも返品・交換に応じてくれるので「まずは試したい」方には最適です。
スマホ老眼を感じたら、まずは「えんきん」からでも良いですね。

えんきんの公式サイトはこちら

スマホ画面が見えづらい方へおすすめのサプリ

現代は、スマホ片手で、何かあってもなくてもスマホを眺めてしまいますよね。
パソコンやタブレットも、スマホと同じように「小さな画面をじっと見る」ことでは似ています。

待ち合わせ場所や電車の中では、時間潰しに多くの人がじっとスマホを見ている光景を見たことがあるでしょう。
ひと昔前であれば、本や新聞だったものが、すっかりデジタルに変わってしまいました。

特に若者のスマホ依存度は高いですね。
メールやSNSの爆発的な普及が若者のコミュニケーションツールにもなっているからでしょう。

そんな若者にも起こりうる「スマホ老眼」を聞いたことがあるでしょうか?

老眼は、近視や遠視とは違い、目の筋肉の老化によってピントが合わなくなるものです。
残念ながら、鍛えない筋肉は加齢とともに弱ります。
目の筋肉も例外ではありません。
目を支えているのも筋肉なのですよ!

スマホを長時間・ずっと見ていると、目の筋肉が緊張した状態が続きます。
それに、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホやパソコンの液晶画面からは「ブルーライト」が発せられています。

スマホを暗い場所で見ると、明かりが青っぽく見えるのがその証です。
このブルーライトは太陽光線にも含まれる可視光線なので、弱くても太陽を見ているのと同じ刺激を受け続けていることになります。

光をずっと浴び続けていたらどうなるか?
目は、脳の中枢に繋がる視神経を持っています。
目が刺激を受けると、頭も刺激を受けている状態が続き、常に「興奮状態」なのです。

ピントが合わなくなる老眼の症状に加え、興奮状態による体内時計の乱れと、疲労が蓄積されていきます。

つまり。
スマホを長時間見続けるデメリットは、2つです。

  • 目を支える筋肉が負荷を受けてピントを合わせづらくなる(老眼)。
  • 目からの刺激で脳が影響を受ける(疲労蓄積)。

老眼は筋肉の血行不良です。
なので、肩こりや頭痛も一緒に起こしやすいのです。

疲労の蓄積は、知らずのうちに積み重なります。
眠りに付けない。
睡眠不足。
判断力の低下。

スマホ老眼には「アントシアニン(ブルーベリー)」と「ルテイン(緑黄色野菜)」

ちょっとした理科の話ですが、目に映るものは、全て「光」です。
色も形も、光の反射によって判断されるものです。
ですから、目に入る刺激は「光」になります。

では、この刺激物である「光」を抑える効果を持つ栄養が摂取できれば良いわけです。
光の刺激を抑えてくれる代表的な物質は2つです。

  • アントシアニン
  • ルテイン

アントシアニンは、ブルーベリーに含まれる青色の成分です。
ひと昔前から「目にはブルーベリー」的なことが、cmや口コミで広がりました。
それは間違っていないのです。

アントシアニンは、紫外線を吸収して体内への侵入を防いでくれます。
ヒトの身体にちょうど良い光伝達のために、アントシアニンは役立ってくれるのですね♪

もう一方のルテインは、緑黄色野菜に多く含まれています。
(ひとつにまとめて、ルテイン・ゼアキサンチンと呼ぶ場合もあります)

こちらは、植物を強い光などから守る天然の色素です。
残念ながら、もともと「植物」が有しているものなので、ヒトの体内では作られません。
ただし、ヒトの体内では、この「強い光刺激から守る」効果を発揮してくれます。

アントシアニンとルテインは抑えておきたいですね。
その上で、肩こりや頭痛の軽減にも効果のある栄養成分が入っていればパーフェクトと言えるでしょう!

関連記事

  • 視力回復に役立つ北の国から届いたブルーベリー

  • スマホで視力が低下するのでしょうか

  • スマホ老眼のチェック方法

  • こころと体の健康に大正ブルーベリー

  • 若い年代にも増えているスマホ老眼とは

  • 自分でできるスマホ老眼の対策