1. とわの美
  2. スマホ老眼
  3. ピントが合わない時にはスマホが原因かもしれない

ピントが合わない時にはスマホが原因かもしれない

 2018/07/13 スマホ老眼   264 Views

近いところを見た時にピントが合わない症状は老眼の人によく見られます。
そして老眼は40代以降になると症状が出やすいと言われていますから、若者の場合ですとあまり関係はありません。ところが近年では若者の中にも老眼の症状を訴える人も増えています。

その理由はスマホを長時間利用する人が多いからであり、近いところを集中して見続けることによって眼の機能が衰えてしまうのです。特にスマホの場合は画面が小さいのが問題です。

小さな画面にも関わらず、その中の小さい文字などを集中して見ることになりますから眼には相当な負担がかかります。しかも見つめる時間も長い傾向があり、ヘビーユーザーは特に注意しなければいけません。

負担をかけてしまうと老眼の症状が出ることをはじめ、さらには視力の低下も引き起こしますし、現にメガネやコンタクトレンズで矯正する若者も増えているのです。

長時間の利用に際して問題になってしまうのは老眼や視力の低下だけではありません。その他にも注意しなければいけないのがブルーライトによる影響です。紫外線の次にエネルギーの強い光で網膜まで届いてしまうという問題があります。

ブルーライトが与える悪影響

LEDディスプレイ照明に多く含まれており、パソコンやゲームなどを使用している時にも同様の影響を受けます。ブルーライトがいけない理由はいろいろで、まず網膜にまで届くことで眼を痛める原因になることです。負担が蓄積されることによって眼精疲労や痛みの原因になりますし、さらには頭痛を引き起こして体調不良になってしまうこともあります。

すでに目が疲れやすくなっていたり痛みがある人は影響を受けている可能性が高いですから注意した方が良いでしょう。睡眠障害の原因になってしまうのもブルーライトの怖いところです。例えば眠る前にブルーライトを浴びてしまうと脳が朝と勘違いをしてしまいますので、睡眠を司るホルモンが分泌されて覚醒状態になってしまいます。

要は眠ろうと思ってもなかなか眠れない状態になりますので不眠になることがあるのです。当然、不眠になれば体の疲れは取れにくくなりますし、眼も休まりにくくなりますので余計に老眼もひどくなる恐れがあります。

スマホは近いところを集中して見ることと、ブルーライトを長時間浴びるという眼に良くないことが詰まったアイテムでもありますから、使用方法はよく考えなければいけません。

無論、子供に与えている場合は親が注意することも必要ですので、子供の将来の眼の健康のためにも対策は必要と言えるでしょう。

しかしながら現代の生活とは切っても切れない存在になっているアイテムですので、完全に使わないことは難しいはずです。そのため最低限、使用時間を短くする工夫は必要と言えます。例えば15分使用したらしばらく眼を休めるといったことが大事ですし、集中しすぎてしまわないようにするのが基本です。

ただ子供の場合ですと集中して何時間も使ってしまうこともあるものですので、使用時間にルールを設けるなどの工夫もした方が良いでしょう。

ブルーライトによる影響を小さくするための対策も必要ですが、簡単なのは画面の設定を変更したり、ブルーライトをカットするアプリを使うことです。ブルーライトは眼に良くない存在というのはすでに周知の事実ですので、最初から対策ができるようになっている端末もあります。

端末に設定がない場合は専用アプリも登場しているためにそちらで対策をすることもできます。他にもブルーライトをカットする効果のあるフィルムやメガネも売られていますので、そうしたグッズを使って対策をするのもお勧めです。

使用方法に工夫をすることによって眼にかかる負担は小さくすることができるはずですが、しかしながらそれだけでは不十分でもあると言えます。疲労は蓄積されますし、生活に欠かせないゆえに多少なりとも影響を感じてしまうこともあるものです。そこで実践したいのが眼の筋力を鍛えるための運動です。

目を鍛えるトレーニングで対策をする

そもそもピントを合わせるためには眼の中にある筋肉が活動し、カメラのレンズのように焦点を合わせてくれます。ところがその筋肉が衰えてしまうと焦点も合いにくくなってしまうのです。ですから本来の機能を取り戻すためには筋肉を鍛えてあげることが大切で、そのためのトレーニング方法もいろいろあります。

トレーニングの中のひとつの方法に、近くと遠くを交互に見て眼筋を鍛えるやり方です。近くの対象物と遠くの対象物を順番に見ることでピントを調整する眼筋を活発に動かすことができますので、機能の改善に期待ができます。

その際にはゆっくりと時間をかけて行うことが大切です。近くを数秒見たら遠くも同じく数秒見るという具合に行うことで効果的にトレーニングできます。

このようなトレーニングは眼精疲労対策としてもお勧めです。眼が疲れている時は筋肉が凝り固まって血行が悪くなっているのが原因の場合がありますが、トレーニングをすることで筋肉をリラックスさせて疲労回復を促進できます。

関連記事

  • スマホ老眼の症状と日常でできる治し方

  • 若い年代にも増えているスマホ老眼とは

  • スマホ老眼に悩める若者の急増

  • スマホ老眼の対策・改善・予防におすすめ7つ方法

  • スマホ画面が見えづらい方へおすすめのサプリ

  • 視力回復に役立つ北の国から届いたブルーベリー