1. とわの美
  2. すそわきが
  3. 返金保証を受け、全額返してもらうための注意点

返金保証を受け、全額返してもらうための注意点

 2018/06/07 すそわきが   43 Views

個人で何か契約をする、取引をする際、お金を支払うことが当たり前になっています。そのとき、勢いに任せるのではなく、慎重になることが必須です。書面を注意深くを読み、特にお金に関する文章を質問を交えて話をよく聞くようにしましょう。

法律に従い、返金保証がついていることが普通ですが、まずそれが記載されているかどうかを確認しなければなりません。もし記載していなければ、ルールを無視した契約または取引になってしまうので、そこを指摘し、話はなかったことにすると良いでしょう。

もし記載されていれば、その条件が何かをチェックするようにしなければなりません。

返金保証に条件がある

返金してもらうためには条件があり、その条件を満たさなければ、どんなことがあっても返してもらうことはできません。全額になると難しく、返金をお願いしても言い訳され、許されない可能性があります。

このとき、1度納得してしまうと、返金されることはないので注意しましょう。大切なことは、返金をお願いしたい理由を明確にすること、相手が何を言おうと無視すること、条件を満たしていることを提示すること、これらを貫くことが必須になります。

一度支払ったお金を返してもらうことは難しいので、勢いでお願いするのではなく、相手に何を言われても問題ないように準備することが大切です。

あらゆる対策をしておき、その上で返金するよう訴えましょう。

ここで注意しなければならないことは、条件の中の期間についてです。一定期間のみ保証されている場合、その後に全額返金を訴えても無効となります。その証拠があれば返金されないので、あらかじめチェックしておきましょう。

契約または取引する際、確実に逃げられないように保証期間が短く設定されている可能性があります。これは、お金だけ支払わせ、その後サポートなし、サービスなしで終わることがあるので注意しなければなりません。

保証期間がある程度長く設けられていれば信頼できるので、安心して契約または取引を進めましょう。この返金保証は、契約または取引をスムーズに進めるためのポイントであり、油断させるための要素であることがあるので、返金してもらえるなら話を進めようと考えないようにしましょう。

簡単に手を出すのではなく、本当に必要だと思ったときに限り話を進め、返金してもらえるならと考えるのであれば、話を聞かないことがオススメです。

返金保証についての注意

 

コピーライティング技術の1つで、契約者及び取引相手の心に隙を与えるための心理テクニックとなっているので、知っていなければ誘導されてしまいます。最初から返金する気がないにも関わらず保証を付けている場合があるので、事前に対策することが必要不可欠になります。

絶対ではありませんが、インターネット上であれば、そのほとんどがコピーライティングによって誘導しているので注意しましょう。

このように、インターネット上での契約や取引であれば、コピーライティングの知識と心理テクニックを知っていれば、回避することは簡単です。この文章が安心感を与え、ここで焦らせているなどのポイントがあらゆるところにセットされています。

その上で返金保証を提示し、安心感と信頼感を与え、申し込みへと誘導します。自分の心理状況を客観視し、その上で申し込むようにしましょう。もしインターネット上ではなく、対面式で契約や取引を進める場合、相手に言い負かされないように自分の意志を持っている必要があります。

インターネット上よりも誘導されやすく、弱みにつけ込まれる恐れがあるので注意しなければなりません。特に、全額返金しても良いと言われても、それは相手を安心させるための文句なので、本当に保証されている可能性が低いです。

本当に返金してくれるのかと問い詰めても、返金しますと答えるだけでしょう。ですが、実際に話が終わり、しばらくした後、保証期間の内に返金を依頼しても、時間が取れない、今は対応できないと会うことができない可能性があります。

その間に保証期間が終了してしまい、そのまま逃げられてしまうかもしれません。相手に返金を求めるのであれば、弁護士や警察に相談すると伝え、さらに連絡した日付をメモしておくと良いです。可能であれば、話した内容を記録し、それをもとに返金を訴えるようにしましょう。

これによって、ほぼ確実に返金してもらえるようになり、相手に逃げられることはありません。

まとめとして、あらゆる契約や取引は、『返金してくれるなら申し込もう』と考えないようにしなければなりません。これは誘導文句であり、心理的なテクニックによるものだと疑いましょう。

また、本当に自分には必要な契約または取引である場合のみ、申し込むことが大切です。最も注意すべき点は、返金が許されている保証期間がいつまで続くのかです。

期間が過ぎてしまった後にお願いしても聞き入れてもらえないので、契約または取引時に確認しましょう。

CHIKA

元某大手美容部員(10年勤務)

関連記事

  • すそわきがの対処は肌に優しいクリーム

  • 女性のニオイの悩みはクリアネオで解決

  • ラポマインの効果と副作用について

  • 医療機関で行うすそわきが治療のランキング

  • すそわきがのセルフチェックの方法とは

  • すそわきがの対処法と病院での治療