1. とわの美
  2. すそわきが
  3. 男性のすそわきが場所はどこ?男のすそわきが原因と対策

男性のすそわきが場所はどこ?男のすそわきが原因と対策

すそわきが   840 Views

すそわきがというと女性がなるものというイメージがあるかもしれません。確かに、すそわきがとは女性に多く見られる症状ではありますが、男性でもすそわきがになるんです!

しかし、すそわきがの情報は女性向けが圧倒的に多く、男性のすそわきがについて知りたい情報がなかなか見つからない!と思いませんか?

「この臭いってすそわきが?」
「できればお金をかけずに治療したい…」
「治療法は手術しかないの?」
「毛を剃るといいって本当?」

男のすそわきがはどんな臭いなのか?そしてそのチェック方法や対策、治療法まで男のすそわきがについて紹介していきます。

男性のすそわきがの発生場所は?

わきがやすそわきがの原因となるアポクリン汗腺が存在するのは、脇の下や股間のほか、耳の中や乳首、肛門付近などです。そのなかでも脇と股間には特に多く密集しています。

アポクリン汗腺は毛根にあるため、すそわきがの発生する場所は陰毛があるところになります。男性のすそわきがの場合、

  • 陰嚢
  • 足の付け根
  • 陰茎の根元
  • 肛門周辺

などで発生し、特にすそわきがで臭いが強いとされるのが陰嚢と足の付け根です。陰部であっても、毛が生えていない亀頭などではすそわきがは発生しません。

男性はもともと体臭が強い?

すそわきがとは、陰部からワキガ臭がする状態のことです。すそわきがは女性に多い症状ではありますが、男性でもすそわきがになります。すそわきがの原因は、男女ともに違いはなく、アポクリン汗腺から出る汗です。この汗や皮脂が常在菌によって分解されることで独特の臭いが発生すると言われています。

しかし男性の場合、もともと体臭が強くなりやすいことから、すそわきがによる臭いなのかそうでないのかはちょっと解りにくいと言われています。

理由1:尿のあと拭き取らない

男性の場合、女性のように尿のあとにトイレットペーパーで拭くことがありませんよね。そのため、下着には尿がつくことになり、それが臭いのもとになります。尿のほか、恥垢や精液などが陰部や下着に付着することも雑菌が繁殖するため臭いのもとになります。

理由2:毛深い

男性は女性よりも毛深いですので、発汗により蒸れやすくなります。また毛根とアポクリン汗腺がセットになっていることを考えますと、毛深いところはアポクリン汗腺の数も多くなります。

理由3:基礎代謝が高く皮脂腺が活発

男性は女性よりも基礎代謝が高く、男性ホルモンの作用によって皮脂腺が活発なため、毛の多いところは皮脂腺からの分泌が多くなり体臭のもとになりやすいです。

こうした理由から、男性の場合には皮脂や蒸れ、汚れによる臭いなのか、それともアポクリン汗腺によるすそわきがの臭いなのかが判別が難しいといいます。

すそわきがのチェック法は?

すそわきがは男女ともに原因が同じですので、チェック法にも違いはありませんが、以下のようなケースに該当する場合にはすそわきがを疑ってみてもいいかもしれません。

  • 下着が黄ばんで臭う
  • 彼女から指摘された
  • 急に股間からわきがのような臭いがするようになった
  • 股間だけ汗が臭う
  • 肛門あたりが臭う
  • 耳垢が湿っている
  • ワキガ体質である
  • 家族にワキガやすそわきがの人がいる

詳しいチェック法については、以下の記事にて解説しています。

男性のすそわきがに効く対策

男のすそわきが対策にはどうしたらいいのでしょうか。すそわきが対策として基本的にすることは、まず原因となる汗と菌への対策です。陰部を清潔に保ち、汗の対策をすることです。

対策1:すそわきが用石鹸を使う

皮脂や汗をしっかり洗浄し、陰部を清潔にしておくことは、すそわきが対策の基本中の基本です。使用する石鹸やボディソープは普通のものでもいいですが、制汗成分や菌の繁殖を抑える成分などが入っているすそわきが専用のものを使うとやはり効果的です。たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

対策2:デオドラントクリームを使う

すそわきが用のデオドラントクリームは主に女性向けで販売されていますが、効果は男女共通です。低刺激で肌に優しいのに殺菌効果や抑臭効果などに優れたものが多くあります。また、ボトルのデザインもシンプルで男性が使っても違和感がないものが多いです。
デオドラントクリームを陰部に塗り込む際には、陰部を清潔にし、陰毛の根元の肌にしっかり塗っていきましょう。
市販されている制汗スプレーなどのデオドラント剤はあくまで一般的な汗の量・臭いを抑えるものなので、陰部にも使えるような肌に優しい成分のもので抑臭効果などに優れたものを選ぶといいでしょう。臭いの程度によりますが、朝塗っておくだけで1日臭いが気にならないというものもあります。

対策3:陰部の毛を剃る

陰部の毛を剃ったら臭いがマシになるという口コミがあります。確かに、アンダーヘアが多いとデオドラント剤が使いづらかったり汗がこもって蒸れてしまうなどといったデメリットがあります。
しかし、毛を剃るのに抵抗がある!という方も非常に多いです。
その場合には、アンダーヘアを目立たない程度にカットして少し密度を薄くしてみてはどうでしょうか。はさみでやってもいいですが、ムダ毛をすくことのできる「すきカミソリ」も売っていますので、はさみよりも自然に毛量を減らすことができます。
またクリニック等の脱毛を利用するのも手です。
脱毛といっても、完全にツルツルにするわけではなく、数回だけ通って減毛することで好みの薄さにすることもできます。

対策4:生活習慣の改善

肉中心や卵、乳製品などに偏った食生活は、臭いの原因となる成分を増やしてしまいます。それらに含まれる動物性タンパク質や脂肪分がアポクリン腺を刺激し、汗や皮脂量を増やしてしまうからです。また、アルコールの飲みすぎやタバコも汗や臭いの原因となります。
男性の場合、職場のおつきあいもありますからなかなか生活習慣の改善といっても難しい…ということもあるかと思いますが、なるべく自炊をしてみるですとか外食でも丼モノより定食、肉より魚を選んでみるなど、毎日ちょっとしたことを心がけていきましょう。

対策5:下着を変える

汗のついた下着をこまめに変える、というのももちろんとてもよい対策ですが、もう一つ、下着を通気性のよい下着に変える、というのもおすすめです。
最近では、からだにフィットしたボクサータイプのパンツが人気がありますが、すそわきが対策の観点からするとボクサーパンツは形も素材も通気性がよくないためあまりおすすめとはいえません。通気性のよい綿素材のトランクスのほうが、陰部が蒸れにくいためおすすめです。

対策6:消臭衣類を使う

最近では、消臭機能を備えた下着というものが開発・販売されています。また、衣類にスプレーを吹きかけることで、衣類そのものに消臭効果を持たせることのできる商品というのもあります。清潔にすることはもちろん、プラスこうしたグッズを活用するのもおすすめです。

男のすそわきがは治療できる?

男性でも病院ですそわきがの治療は可能です。臭いのおおもとであるアポクリン汗腺を超音波や高周波などを利用して破壊することで、すそわきがの完治を目指す治療などがあります。

病院での治療には、メスを使った手術による治療のほか、皮膚を切開しないでできる治療法も多くあります。

  • ボトックス注射
  • ビューホット
  • ウルセラドライ
  • ペアドライ
  • ミラドライ
  • 電気凝固法

こうした治療は保険適用外のことがほとんどであり、費用も30万円~40万円と高額です。ボトックス注射はなかでも比較的安いのですが、効き目が5~6ヶ月程度のため、効果を持続させるには繰り返し施術を受けることになります。比較的軽度のすそわきが向きの治療法です。

他の治療も、1回で効果を実感したという方もいれば、1回では完治しなかったり再発したり、また術後臭で悩まされる方もなかにはいます。皮膚の炎症等の肌トラブルもなかにはあります。

すそわきがの病院での治療には、このようにリスク・デメリットもともないます。病院での治療はやはり高額ですし、ひとまず最終手段として考えておきましょう。

まとめ

すそわきがはなかなか他人に相談しづらいデリケートな問題です。

自分、もしかして臭うのかも…とすそわきがで自信をなくしていませんか?

男性のすそわきがでも、お金がなくてもすぐにできる対策はたくさんあります!自分のライフスタイルにあったケア方法ですそわきが対策をしていきましょう。

関連記事

  • すそわきがはデオドラントで消臭効果あり

  • すそわきがの対処法と病院での治療

  • すそわきが対策パーフェクトガイド【2018年夏・最新版】

  • すそわきがのセルフチェックの方法とは

  • すそわきがの原因、軽減のコツは?

  • すそわきがの原因は遺伝によるものなのか