1. とわの美
  2. 首イボ
  3. 首イボに有効な成分摂って早期改善!

首イボに有効な成分摂って早期改善!

 2018/05/25 首イボ   2,799 Views

首イボに効く薬とその成分

首イボに有効な成分摂って早期改善

首イボを改善するには、しっかりとスキンケアを行って保湿をすることや、適度な運動で代謝をアップさせることが大切です。それらのよい習慣は大事ですがそれプラス首イボに効くといわれる成分をしっかりと体に取り入れることでさらに早い改善が期待できます。

首イボに有効な成分には肌を健康な状態に戻す効果があるといわれています。それらのいくつかの成分を見ていきましょう。

ヨクイニン

ヨクイニンは麦に含まれている成分です。麦といってもいろいろな種類がありますが、特にハトムギに含まれている成分で、肌の炎症回復や皮膚再生、保湿、皮膚の柔軟かに効果があります。ですからヨクイニンは炎症からイボへ移行する前にお肌にできてしまった炎症を抑え、傷ついている皮膚を再生し、再び肌トラブルを起こさないように保湿し、だんだんと皮膚を柔らかくしていくという効果を期待できます。

昔からイボ取りに対して効果があるといわれてきた漢方薬で、積極的に摂取されてきました。飲み薬だけでなく、塗り薬にも配合されていることが多く、さらにオートミールとして朝食に食べる人や、お米に混ぜて炊いて食べる人もいます。

杏仁オイル

杏仁オイルは杏の種からとれるオイルです。人体の中にも存在している皮脂と成分が似ているので、乾燥予防に塗る人も多いようです。天然由来なので毎日使っても問題ないですし、赤ちゃんからお年寄りまで肌の敏感な人も使うことができます。そんな今効果が見直されている杏仁オイルを試してみるのはいかがですか?

保湿をする一番良い時間帯はお風呂上がりです。お風呂で温まった皮膚はお風呂から上がった瞬間から水分を蒸発させていきます。せっかくたっぷりの水分が皮膚から浸透されるので、お風呂から上がったらすぐにボディークリームや保湿剤を塗るようにしましょう。お風呂場にスキンケア用品をおいておけばすぐにケアができるのおススメです。

洋服を着る前のスキンケアを忘れずに!もちろんいくらしっかり保湿をしても時間が経てばだんだんと皮膚表面の水分は奪われていくので、気になった時にこまめにオイルを塗ることも大切です。乾燥によって肌はより摩擦に敏感になるので、そのようにしっかりとケアしましょう。

ドクダミ

ドクダミは厚生労働省が定められている日本薬局方にも記載されていることもあり、日本ではとても有名な薬草です。乾燥させてお茶にしたり、蚊に刺され後に葉っぱをすりつぶして付けたりと、昔から生活に密着してきたドクダミです。毛穴を正常にする作用があるといわれています。さらに殺菌・除菌効果もあるようです。

またそれだけでなく、皮脂の抑制作用もあるので、過剰にでてしまう皮脂を抑えながら清潔な肌を保つことができます。ドクダミは強い臭いが特徴ですが、粉末になっているものや、サプリメントに配合されているものなら臭いも気にならず摂取することができます。

このようにヨクイニンも杏仁オイルもドクダミも昔からイボとりに効果があるとして利用されてきました。天然由来なので体にも優しく積極的に摂取することができます。規則正しい生活習慣を続けながらこのような成分の力をかりてイボの改善を早めることがおススメです。

首イボに効果のある化粧品

首イボの治療のために先ほどあげた成分を積極的に摂取ることは大切です。もちろん単体でも効果はありますが、それらを同時に使用することでさらに高い効果を期待できます。特にお肌のトラブルを起こしやすい年齢の方や体質の方は様々な要因で肌敏感になっています。

肌の潤いを保ち、刺激に負けない強い肌を作るためには早めの治療が大切です。それでお勧めはオールインワンの化粧品です。イボの除去だけでなく、炎症を抑え、美容成分で肌を強くし、保湿することによってイボのぶり返しも防ぎます。

たとえば「艶つや習慣」はヨクイニン、ハトムギ、あんず成分、アロエベラ、プラセンタ、ヒアルロン酸など首のイボ取りだけでなく同時に肌の健康を促進する成分も配合されています。このように首イボに有効な成分が複数含まれている化粧品を使うことで早期の改善が期待できます。

市販の薬で治る?

イボに有効な成分が含まれている市販の薬を使って治療してみることもできます。市販薬にはシップのように患部に張るタイプと塗るタイプのものがあります。方法は皮膚の角質を柔らかくして、イボを除去するというものですが、市販薬は病院で出される薬とはことなり、効果が弱いので人によってはあまり効き目がないこともあります。

ただまず市販の薬で試してみてだめなら皮膚科に相談するという方法もあるので、まず試してみると良いかもしれません。治ってしまえば病院に通う手間もないですし、費用も安くすみます。

見てきたようにヨクイニンや杏仁オイル、ドクダミといった首イボに効く成分は古来から用いられているので、それらの成分が含まれた化粧品や薬をつかってみると良いでしょう。

市販の薬で治ってしまえば良いですし、もしだめなら皮膚科に受診し確実に治しましょう。イボの種類や形によって病院での治療法が異なるので受診する前に自分のイボの種類と治療法を調べてみることもできるかもしれません。

【首のイボの取り方7選】首イボを自分で取る方法まとめ


イボの治療は、皮膚科へ行くのが基本と考えられています。しかし、イボの数が多ければそれだけクリニックなどに通う回数も多くなるケースもあるでしょう。忙しい方なら、時間を作るのは難しいことも多いのではないでしょうか。また、保険診療とそうではないものもあり、費用面でも気にかかります。

自分で首のイボは取れるのでしょうか?手軽にすぐにケアできる方法で、キレイになりたい方に、自分でイボを取る方法を徹底研究してみました。
⇒首のイボの取り方を見る

関連記事

  • 2種類ある稗粒腫の症状と原因~治療方法まで

  • クリアポロンは効果なし?ネットで評判を調べてみました

  • 首のイボを予防したい!でもできてしまったら・・。

  • 【首のイボの取り方7選】首イボを自分で取る方法まとめ

  • 扁平疣贅ができる原因と治し方~再発しないためにも完治させる6つの方法

  • イボは自分で取らずに専門病院で除去!イボの種類で異なる治療法を紹介。